会社概要・沿革

CSR(企業の社会的責任)

富士インフォックス・ネットは、環境、社会、企業統制による
社会に適合した事業の持続的発展を追求していきます。

情報セキュリティ

ISO27001

富士インフォックス・ネットは、技術や情報、お客様や社員に関わる情報は貴重な資産との認識のもと、2006年に「ISMS※・情報セキュリティ基本方針」を策定し、情報保護・管理強化に取り組んでいます。
※Information Security Management System

情報セキュリティ基本方針

当社の主な事業はソフトウェアの開発やネットワークシステムの構築・運用であり、お客様の信頼こそがビジネスの根幹です。
全社員は情報セキュリティの重要性を認識するとともに、お客様の情報と個人情報を守り、その信頼に応えます。

1. お客様の情報を守る

当社が業務上取り扱うお客様企業の内部情報について、漏洩などのセキュリティ事件が発生すれば、お客様の被る損害は極めて甚大です。当社は、情報の漏洩、紛失、及び不正アクセスなど様々なセキュリティ上の脅威からお客様の情報を守るために、適切な安全対策を講じます。

2. 個人情報を守る

当社は、お客様、パートナー様、及び採用応募者などの個人情報を適切に取り扱うことは、企業としての社会的責務であると認識し、
適切なセキュリティ対策を行い、その保護を徹底します。

※上記の『お客様の情報と個人情報』 の保護を着実に実施するため、次の方策を行います。

組織管理体制の確立
組織管理体制を確立するために、情報セキュリティマネジメントシステムを構築します。かつ、セキュリティへの取り組みを定期的に点検し、継続的改善を図ります。
内部規定の整備
個人情報を含め情報資産の収集と活用を適切に行うため、情報セキュリティ関連規定を整備し、これを尊守します。
周知徹底
社員に対して、情報セキュリティの重要性を認識させ、情報セキュリティ資産の適切な収集と活用を行うように周知徹底を図ります。
法令遵守
当社は、情報セキュリティに適用される全ての法令やその他の規範を遵守します。
組織管理体制の確立
組織管理体制を確立するために、情報セキュリティマネジメントシステムを構築します。かつ、セキュリティへの取り組みを定期的に点検し、継続的改善を図ります。
内部規定の整備
個人情報を含め情報資産の収集と活用を適切に行うため、情報セキュリティ関連規定を整備し、これを尊守します。
周知徹底
社員に対して、情報セキュリティの重要性を認識させ、情報セキュリティ資産の適切な収集と活用を行うように周知徹底を図ります。
法令遵守
当社は、情報セキュリティに適用される全ての法令やその他の規範を遵守します。

富士インフォックス・ネット株式会社
代表取締役 近藤 俊一

具体的な取組み

当社はさまざまな企業活動の中で、お客様の個人情報や取引先の情報を保護し、「セキュリティ事故ゼロ」を掲げ、次の活動を行っています。

  • 情報セキュリティに関する社内ルールの徹底
  • セキュリティ・カード、ハンドブック等配布し、情報セキュリティ重要性の啓蒙
  • 情報セキュリティに関する社内講義の実施

環境への取組み

ISO14000

富士インフォックス・ネットは、地球温暖化の予防、環境負荷の軽減に貢献するとの認識のもと、2006年に「EMS※・環境方針」を策定し、環境活動に取り組んでいます。
※Environmental Management System

基本方針

当社は地球温暖化を深刻な問題と受止め、IT技術をベースに社会に役立つソリューションを提供することにより、環境負荷の軽減に貢献します。

1. 自社における環境負荷の軽減

環境負荷の軽減を図るために、環境マネジメントシステムを構築し、継続的改善に努めます。当社の事業活動から生じる環境負荷の軽減に向けて、残業時間の削減を優先課題として取り組みます。現場の状況を定期的に点検し、適切な処置を講じます。
これら推進活動に当たっては、当社が関わる関連法規や規制を遵守し、環境負荷の軽減に努めます。

富士インフォックス・ネット株式会社
代表取締役 近藤 俊一

具体的な取組み

私たちは、ITソリューションの提供において、社会全体の環境負荷低減に努めているほか、自社では、次の環境活動を行っています。

  • 残業時間の削減や一斉定時退社日の実施による節電活動
  • 各種届出の電子申請によるペーパレス化

個人情報の取扱い

富士インフォックス・ネットは、個人情報の適切な取り扱いによる個人の権利・利益を保護するとの認識のもと、2011年5月に「個人情報保護方針」を策定し、個人情報保護の強化に取り組んでいます。

個人情報保護方針

富士インフォックス・ネット社の主な事業はネットワークシステムの構築・運用、及びソフトウェアの開発であり、当社が取り扱う全ての個人情報の保護について、社会的使命を十分に認識し、個人の権利・利益を保護するため、個人情報に関する法規制等を遵守します。また、以下に示す方針を具現化するための 個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言します。
個人情報は、全事業・業務における当社の正当な事業遂行上並びに従業員の雇用、人事管理上必要な範囲に限定して、取得・利用及び提供をし、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行わないための措置を講じます。
個人情報保護に関する法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守致します。
個人情報の漏えい、滅失、き損などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じて防止すべく事業の実情に合致した経営資源を注入し個人情報セキュリティ体制を継続的に向上させます。また、万一の際には速やかに是正措置を講じます。
個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対しては、迅速かつ誠実に、適切な対応をさせていただきます。
個人情報保護マネジメントシステムは、当社を取り巻く環境の変化を踏まえ、適時・適切に見直してその改善を継続的に推進します。
本方針は、全ての従業者に配付して周知させるとともに、当社のホームページ、パンフレットなどに掲載することにより、いつでもどなたにも入手可能な措置を取るものとします。

富士インフォックス・ネット株式会社
代表取締役 近藤 俊一

ページトップへ