ヘルスケア

Healthcare

ヘルスケアにおけるAIの活用は医師の介在無しに疾患の診断が可能な機器がFDA (アメリカ食品医療品局)で承認されるなど、実用化の段階にあります。

日本においてもバイタルデータ管理によって体調変化の管理・予測をし、ガンの診断では内視鏡による正常と異常の画像データを機械学習で分析し、医師の診断に加えてAIが異常部分を指摘するなど、CT、内視鏡など画像による検査で医師の目視の補助をするなど採用が進んでいます。

ヘルスケアにおけるAIの活用は医師の介在無しに疾患の診断が可能な機器がFDA (アメリカ食品医療品局)で承認されるなど、実用化の段階にあります。

日本においてもバイタルデータ管理によって体調変化の管理・予測をし、ガンの診断では内視鏡による正常と異常の画像データを機械学習で分析し、医師の診断に加えてAIが異常部分を指摘するなど、CT、内視鏡など画像による検査で医師の目視の補助をするなど採用が進んでいます。

体調変化予測

体調変化予測

夏季の作業現場や高温・高湿になる工場などにおける熱中症の事故は多く、日本における熱中症の大半を占めます。作業従事者が着ける小型のバイタルセンサーが個人レベルで体温や心拍数データを分析して体調変化の予測を行う事により熱中症の症状が出る前に管理者に警告をし、事故を未然に防ぎます。

医療における画像分析

医療における画像分析

CT、内視鏡、レントゲンなど画像による疾患診断の多くは医師の目視による確認が重要になります。正常な画像と異常が認められる画像を機械学習により分析、学習したAIが医師の目視に加えて異常や異常の可能性がある場合フラグをあげ、より高精度な診断の補助をします。

活動・睡眠データ管理

活動・睡眠データ管理

スマートフォンやウエアラブルセンサー、枕に埋め込まれたセンサーなどを利用し、起床時や睡眠時のバイタルデータや脳波など睡眠時データを分析し、運動と休息、また睡眠のアドバイスを自動的にAIが行います。

体調変化予測

体調変化予測

夏季の作業現場や高温・高湿になる工場などにおける熱中症の事故は多く、日本における熱中症の大半を占めます。作業従事者が着ける小型のバイタルセンサーが個人レベルで体温や心拍数データを分析して体調変化の予測を行う事により熱中症の症状が出る前に管理者に警告をし、事故を未然に防ぎます。

医療における画像分析

医療における画像分析

CT、内視鏡、レントゲンなど画像による疾患診断の多くは医師の目視による確認が重要になります。正常な画像と異常が認められる画像を機械学習により分析、学習したAIが医師の目視に加えて異常や異常の可能性がある場合フラグをあげ、より高精度な診断の補助をします。

活動・睡眠データ管理

活動・睡眠データ管理

スマートフォンやウエアラブルセンサー、枕に埋め込まれたセンサーなどを利用し、起床時や睡眠時のバイタルデータや脳波など睡眠時データを分析し、運動と休息、また睡眠のアドバイスを自動的にAIが行います。

本社

〒108-0014

東京都港区芝5-13-15
芝三田森ビル 5階

TEL:03-5419-8228

名古屋支店

〒460-0003

愛知県名古屋市中区錦1-4-16
KDX名古屋日銀前ビル 3階

TEL:052-209-6780

関西支店

〒564-0051

大阪府吹田市豊津町1-21
エサカ中央ビル 7階

TEL:06-6318-7929

九州支店

〒812-0038

福岡市博多区祇園町4-2
サムティ博多祇園BLDG 8階

TEL:092-283-1777