高精度・多機能OCRソリューション

ABBYY FlexiCapture

データは取得。紙は必要なし。構造や複雑さに関わらず、文書の流れをビジネス対応型のデータに変換しましょう

作業効率の向上

文書の読み取り、仕分け・分類、システムへのデータ連動までを自動化。ワンストップで、電子化業務の効率を大幅に改善します

コスト削減

複数人で行うデータの入力、事前の分類作業や読み取り後のチェック作業が不要になり、大幅にコスト削減を実現します
 

データの有効活用

紙文書のデータ入力ミスをなくすことで顧客満足度を向上。さらに、データの再利用、有効活用につなぎ、企業価値を向上することが可能です。

こんな課題はありませんか?

ABBYY FlexiCaptureで、紙帳票の電子化作業の業務効率化・企業の競争力の強化を実現します。

■ 様々なフォーマットの書類の読み取り、仕分けを自動化したい

■ 大量の書類のデータ入力に人手が足りない、ミスが起こりやすい

■ 画像キャプチャーなどで正確に数字と文字の読み取りができない

■ 電子化しても、検索不能で、目的の書類が簡単に見つからない

データキャプチャー, データ活用, 認識技術, 帳票処理, データ入力, 可変明細, 帳票OCR,  帳票書類, OCRソリューション, 高精度, 多機能, OCR, 文字認識,電子化,データ化, 効率化, AI

  ABBYY FlexiCaptureは、従来のOCR製品のように、文書ごとに分類・仕分を行ってOCRに読ませる必要はありません。定型帳票や非定型帳票の文字を自動的に認識し、項目や表の明細などの単語や数値など、必要データを抽出します。読み取ったデータは、検証・修正・承認を行い、業務に必要な正確なデータとして効率的に入力します。

ABBYY FlexiCapture 特徴

定型/非定型帳票に対応

定型/非定型帳票に対応

人工知能アルゴリズムにより、文字を認識し、可変明細帳票のOCR処理を可能にし、データ入力・電子化作業全体の負担を軽減できます。

独自の認識技術

独自の認識技術

キーワードに対する相対的な位置で文字を読み取るため、座標に依らないフレキシブルな認識が可能です。

マルチデバイスに対応

マルチデバイスに対応

データ作成の入り口となるスキャナ・Eメール、複合機などのマルチチャネルに対応します。

効率的な検索・アーカイブ

効率的な検索・アーカイブ

データを検索可能なファイルに変換し、各種データベースに格納。検索やデータの再利用を促進します。

自動学習と自動仕分け

自動学習と自動仕分け

人工知能アルゴリズムを使って、様々な形式の複雑な文書から必要なデータを抽出し、文書の構造や内容を元に自動的に分類・仕分けします。

多言語文書に対応

多言語文書に対応

英語、日本語、韓国語、中国語、ベトナム語、他183言語の文書処理に対応します。手書き認識は、113の言語に対応します。

ワンストップソリューション

ワンストップソリューション

ワンストップでデータの入力→仕分け→認識→抽出→検証→出力 の業務をサポートします。

業務システムとの連携

業務システムとの連携

各種業務アプリケーション、ECM、ERP、BPM、文書管理システムとのスムーズなデータ連動が可能です。

独自の文字認識技術とは?

非定型帳票(可変明細)に対応

非定型帳票(可変明細)に対応

従来のOCRは、文字認識する場所が特定できない可変帳票に対応できませんでした。それに対し、ABBYY FlexiCaptureは、文書を解析する人工知能アルゴリズムにより、文字を認識し、従来OCRの課題であった可変明細帳票へのOCR処理を可能にしました。そのため、従来のOCRに比べてOCRの利用範囲が広がり、データ入力・電子化作業全体の負担を軽減することができます。

 

定義例:

  • フリガナ: 「フリガナ」という文字の右にある文字列
  • 住所: 「住所」という文字の右にある文字列
  • 名前: 「名前」という文字の右にある文字列
キーワードに対する相対的な位置による読み取り

キーワードに対する相対的な位置による読み取り

従来のOCRソフトは、絶対座標にて帳票処理を行うため、帳票の種類に応じて定義をする必要があります。それに対し、ABBYY FlexiCaptureは、キーワードに対する相対的な位置で文字を読み取るため、座標に依らないフレキシブルな認識が可能です。また、人工知能アルゴリズムにより、文書の特徴を学習し、読み取りの効率を高めます。

処理内容・機能

ABBYY FlexiCaptureは、データの入力→仕分け→認識→抽出→検証→出力の順で、自動的に処理します。FlexiCaptureの高度なアーキテクチャでは、数十CPUコアを使用して、1日当たり最大100万件の文書からのデータ抽出が可能です。

スキャニング、対象のフォルダまたはFTPサーバーからの画像読み込み、電子メール添付ファイルの自動キャプチャに対応しています。

  • ABBYY FlexiCapture Scanning Stationにより、TWAIN、ISIS、WIA対応デバイスで簡単にスキャニングを行えます。
  • Scanning Stationの特徴は、あらかじめ定義したアプリケーション設定を特定のバッチに適用できるスキャニングプロファイルです。ドロップダウンメニューから正しいプロファイルを選択するだけで、文書の新しい部分をスキャンできます。
  • 読み込んだ画像やスキャンした画像に対しては、処理前に回転、デスキュー、機密データの非表示などの補正を行えます。
abbyy 10

ABBYY FlexiCaptureは、複数のOCR、ICR言語において、これまでにない高い精度を実現する、受賞歴のあるABBYYの認識技術をベースとしています。また、1Dおよび2Dバーコードと、様々な形状のチェックマーク、さらに、強力な画像前処理機能を備えています。

認識処理では、文書の組み立て、分類、テキストおよびデータ抽出、自動検証などが行われます。これらの処理は無人モードで同時に実行されます。

  • ページが混在した状態から複数ページの文書を自動的に組み立てることができます。
  • 画像ベースの分類、コンテンツベースの分類、またはこの2つを組み合わせた手法により文書を自動的に分類・仕分けします。
  • 各画像の解析中、ソフトウェアは、非常に正確なOCR/ICR/OMRおよびバーコード認識技術を適用することにより必要なテキストとデータをキャプチャします。
abbyy 11

認識結果を手動で検証できるように、迅速かつ便利な検証モードを複数提供しています。

  • チェックマークと数字のグループ検証
  • データフィールドを1つずつチェックするデータフィールド検証
  • 文書ウィンドウ内検証では、必要なデータフィールドをすべて同時に表示し、認識結果を元の画像と比較することができます。手書きのテキストやメモなど認識できない情報は、フィールドに手動で入力できます。
abbyy 12

データはバッグエンドシステムやデータベースにエクスポートされ、企業のリポジトリに保存されます。ABBYY FlexiCaptureは、XMLエクスポートやODBCコネクタなどの様々なエクスポート形式に対応しています。

処理された文書は、ECM、DMS、CRM、BPMデータベースなど指定したシステムに送信されます。データと画像に対して複数の出力先を指定し、検索可能なPDFを生成することができます。

  • TIFF、検索可能なPDF、PDF/Aへのイメージのエクスポート
  • ファイル、データベースへのデータのエクスポート
  • マイクロソフトSharePointサーバーへの接続
  • 業務アプリケーションやECMシステムへのカスタマイズしたエクスポート
  • 複数のノードへイメージとデータを同時にエクスポート

 

 abbyy 19

ABBYY FlexiCaptureの編集ツールを使用して、機密データや重要なデータをして下フィールドから削除することができます。また、文書の画像はTIFF、検索可能なPDF、アーカイブに最適なPDF/A形式で保存されます。

ABBYY FlexiCaptureは、どこからでも24時間365日モニターできるWebベースのコンソールを備えています。

管理者は簡単に、ユーザー権限の管理や作業ログのチェック、標準レポートの表示、カスタム性能レポートの作成などが可能です。

abbyy 20

ユーザーのワークフローと処理シナリオに合わせてカスタマイズできます。処理の合間に実行されるスクリプトにより、ABBYY FlexiCaptureはユーザーのニーズに合わせて文書処理を変更できます。スクリプト記述により以下を実行し、デフォルトのワークフローを拡張することができます。

  • カスタム処理
  • 追加のOCR/ICRエンジンへの接続
  • サードパーティー製画像補正ツールの使用
  • カスタム検証クライアントの使用
  • 署名比較などの外部モジュールへの接続

Web Service API により、ABBYY FlexiCaptureを自動文書分類およびデータキャプチャサービスとしてさまざまなビジネスアプリケーションおよびワークフローに簡単に統合できます。


 

abbyy 21

入力形式

  • BMP, PCX, JPEG, JPEG 2000, PNG, TIFF, DjVu, DCX, PDF (PDF/Aを含む)

認識言語

  • OCR: 日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語、タイ語、アラビア語を含む180以上の言語
  • ICR: 113言語

OMR

  • 枠付き及び枠なしチェックボックス、吹き出し

データの出力形式

  • XLS, DBF, CSV, TXT, XML
  • ODBCによるデータベースへのエクスポート
  • Microsoft SharePointへのエクスポート
  • カスタムモデルによるバックエンドアプリケーションへのエクスポート

画像の出力/保存形式

  • BMP, PCX, PNG, JPEG, JPEG 2000, TIFF, DCX
  • 検索可能なPDF, PDF/Aへのエクスポート

 

abbyy 10

活用シーン

ABBYY FlexiCaptureは、金融、保険、製造、通信、流通、サービス、医療、BPO、官公庁など全ての業界における紙文書の電子化、データの取り込み業務に使われ、データ入力、文書の分割、分類などのリソースを要するタスクを自動化することで、作業負担、コストを飛躍的に削減できます。

シームレスな請求書処理

シームレスな請求書処理

 請求書から自動的に情報をキャプチャーし、発注書に照合・確認し、電子データをERPシステムのワークフローに投入します。

  • 請求書処理時間を短縮
  • 早期支払い割引を利用
  • より速いレスポンスにより主要取引との関係を向上
デジタル時代の医療

デジタル時代の医療

EHR(電子健康記録)への移行が容易。最新の文書やデータキャプチャー技術による容易な患者登録と会計

  • 患者の満足度とサービス質の向上
  • EHR導入のデッドラインに間に合う
  • ARにおける日数削減

 

保険金の請求処理

保険金の請求処理

紙ベースの請求を処理し、データを標準の電子フォーマットに変換

  • 精度の高いデータキャプチャー技術によりデータ品質を向上
  • スタッフを増員せずに業務効率を向上
  • 最低限のコストで高レベルのサービスを維持
書式処理の簡素化

書式処理の簡素化

アンケート結果、テスト、国勢調査、登録カードなどの書式から、印刷されたデータと手書きのデータを自動的に抽出

  • 書式の完成からデータの提供までの時間を短縮
  • ABBYY OCR/ICR技術により手作業を削減
  • データの精度と解析結果を保証

動作環境

ABBYY FlexiCaptureは、小規模から中規模プロジェクト向きのStandaloneと、大規模、大企業向けの分散処理パッケージ(Distributed)の2つのパッケージを提案しています。 アプリケーションを正常に動作するためには以下の動作環境を推奨しています。

Standalone 動作環境

 

■ CPU

  • クロック速度が2 GHz以上のPC

■ OS

  • Windows 7 SP1
  • Windows 8.1
  • Windows 10 ※ローカライズされたインターフェイスの場合、対応言語のサポートが必要

■ メモリ

  • 2GB以上

■ ハードディスクの空き容量

  • 4 GB (インストール用の2 GBを含む)

■ その他

  • TWAIN、WIA、またはISISに対応するスキャナ
  • ビデオカードと解像度1024×768のディスプレイ
  • Microsoft .NET Framework 4.5 以上

※大企業向けの分散処理パッケージ(Distributed)の動作環境については、お問い合わせください。

データ活用が企業力を高めます。

本社

〒108-0014

東京都港区芝5-13-15
芝三田森ビル 5階

TEL:03-5419-8228

名古屋支店

〒460-0003

愛知県名古屋市中区錦1-4-16
KDX名古屋日銀前ビル 3階

TEL:052-209-6780

関西支店

〒564-0051

大阪府吹田市豊津町1-21
エサカ中央ビル 7階

 

九州支店

〒812-0038

福岡市博多区祇園町4-2
サムティ博多祇園BLDG 8階

TEL:092-283-1777