地域活性化サービス

地域活性化サービス

これからの地域活性化に必要不可欠なITサービスを私たちが提供します

富士インフォックス・ネットでは、ビッグデータの分析、活用やアプリケーションの開発など、
ITの分野から地域活性化への取り組みをサポートしています。

RESAS活用による地方創生

富士インフォックス・ネットでは、RESASをベースに様々な角度から分析を行い、それぞれの地域に合った地方創生のための政策の立案、
実行のお手伝いをいたします。
また、一過性の分析・政策にとどまらない、継続的で自立的な地域活性化のための人材育成や仕組みづくりを全力でサポートいたします。

地方創生

  • 地域産業に特化した効率の良い支援
  • インバウンド消費を拡大、地域経済の柱に

人材育成

  • 地元学生や地元企業の人材が、
  • ビッグデータ分析のスキルを身に着け、政策を実行する

自立/経済創出


  • 地元が自立的に稼げる仕組みを構築する

RESAS(地域経済分析システム)を活用してビッグデータを分析

RESAS(リーサス)とは?
  
- Regional Economy Society Analyzing System

RESASトップページ

内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部および経済産業省によって平成27年4月にオープンした
「地域経済の見える化システム」で、国や民間事業者が収集した地域経済に関する様々な
ビッグデータ(経済センサス、農業センサス、GPSデータ など)をわかりやすく“見える化”した
システムです。
地方の活性化を目的としてビッグデータを有効的に利用するため、地方自治体を中心として
RESAS普及のための様々な活動が行われています。

富士インフォックス・ネットでは、RESASによる分析業務の支援、研修などを行っています。
RESASをとりあえず使ってみたけれど、どう活用すればいいのかわからない、その際は
富士インフォックス・ネットにお気軽にご相談ください。
地域に根差した分析のお手伝いをさせていただきます。

各種マップ

RESASでは、様々なデータをヒートマップやグラフで分かりやすく見ることができます。
たとえば、

  • 人口マップ:
    地域の人口動態や将来推計値を様々な角度から可視化できます。
    年齢ごとの比率や転出転入のデータなどを用いて、地域に合った住民サポートにつなげることができます。
  • 産業マップ:
    地域の産業構造をマクロの視点からミクロの視点まで可視化できます。
    地域の産業の強み・弱みを把握し、特色を生かした産業振興につなげることができます。
  • 観光マップ:
    地域での人の流動を地理的・時系列的に可視化できます。
    国内・海外の観光客がどこからきてどこに行くのかがわかることで、効率的な観光PRにつなげることができます。

これらのマップの他にも農林水産業マップや地域経済循環マップなど、RESASで見ることができるデータは多種多様です。
また、RESAS APIも公開され、RESASのデータ活用の幅は広がってきています。
しかし、「これらの多くのデータをどう見ればいいのか、データを使ってどのように分析すればいいのか、わからない」といった声をよく伺います。
そんな時は、私たちにお任せください。富士インフォックス・ネットが丁寧にご支援いたします。

人口マップ 産業マップ

BI(Business Intelligence)を活用した
  
“RESASプラスアルファ”の分析

RESASプラスアルファの分析

弊社のセルフサービス型BIソフト「BI21」を使うことにより、RESAS単体では行いにくい複数のデータを組み合わせた、複雑で柔軟な分析を行うことができます。
また、BI21は各種データベースやAPIとの接続も簡単に行えるため、個別に入手したデータとRESAS APIなどから入手したデータとを統合したビッグデータ分析が可能となります。
RESASだけでは行えなかった分析や、地域特有のテーマについての精緻な分析を行えるようになり、より地域に合った効果的な施策の実現につながります。

RESASのデータをより活かしたビッグデータ分析を、私たち富士インフォックス・ネットにぜひお任せください。
マクロな視点からミクロな視点まで、データに基づいた地域の特色豊かな提案をさせていただきます。

APIエコノミー

アプリケーション開発にとどまらない、APIエコノミーによる地方ごとの特色あるビジネスソリューションを、富士インフォックス・ネットがご提案させていただきます。
また、各種APIを用いたプログラム開発を通して、地元の学生や地元企業の人材育成に取り組みます。

APIエコノミー活用例

APIエコノミーとは

APIとは、アプリケーション・プログラミング・インターフェースの略で、あるソフトウェアから別のソフトウェアの機能を呼び出して利用するための形式です。
それに対し、「APIエコノミー」という言葉は、ある企業のビジネスから別の企業のビジネスを呼び出すという意味で使われます。
呼び出し側から見た場合、APIの先にあるものは、単なるソフトウェアの機能ではなく、企業が提供するビジネスそのものということになります。

一番の例が、Uberで、「タクシーの配車」というビジネスそのものをAPIとして公開し、他社が利用できるようにしています。
UberのAPIを利用し、位置情報に基づき、お店の情報を提供することが可能になります。

APIエコノミーは地域活性化の一助となることが期待されており、多くの企業・自治体へと広がりを見せています。

APIエコノミーによる地域活性化

APIエコノミーへの弊社の取組み

富士インフォックス・ネットでは、APIエコノミーを活用した産業・観光分野のソリューションの提案・開発を行うことにより、地域活性化のお手伝いをさせていただきます。
また、継続的な開発・運用が行えるよう、地元の学生、地元企業の人材に対し、APIを用いたプログラムによる開発の教育、支援を行います。

APIエコノミーにより、地元企業の連携を深め、活性化し、地方創生につなげるとともに、地元のIT人材の育成を図ります。

見守りサービス

子供の見守り

夫婦共働きの家庭が多くなってきている現在、子供が一人で家にいる状況は増えてきています。
また、登下校の道中や遊びに出掛けた際、安全に行動しているか不安に思う親御さんも多いと思います。

高齢者の見守り

高齢化が進む現代において、高齢者の1人暮らしは珍しいことではありません。
しかし歳をとった親のお世話をしたいと思いつつ、一緒に住めずに遠くから心配している人は多く見られます。

富士インフォックス・ネットでは、身の回りの様々なモノに設置したセンサーから得られた情報をIT技術を利用して分析し、高齢者や子供たちを見守ります。
長時間にわたって反応しない場合、家族の携帯電話に連絡が入る、あるいは、パソコンや携帯電話で随時ご確認いただけるシステムを提供しています。

就職活動支援クラウドサービス 「就活皇」

「就活皇」は学校と学生のコミュニケーションを円滑にし、就職活動を効率化するために開発された当社オリジナルのクラウドサービスです。
現在、「就活皇」の機能を拡張し、企業や自治体も一体となって参加いただけるサービスを開発中です。
学生のUターン、Iターン、あるいは都市部から地方への移住を促進することで、地方創生を実現するシステムを目指しています。

学生と企業と学校をつなぐ就職支援システム「就活皇」

製品特徴

【学校】

  • 学生の就職活動詳細の把握
  • 求人票/面談の効率化

【企業】

  • 内定辞退フォロー機能による内定辞退防止
  • 学校と連携した早期離職率の改善
詳細を見る
ページトップへ