自動文書OCR及び文書変換ソフトウェア

ABBYY Recognition Server

最先端なOCR技術でペーパレスを大幅に促進します。

検索性・閲覧性の向上

紙文書を取り寄せる手間をかけずに、電子化したデータに検索用の文章を付与することで、目的の文書を簡単に見つけ出すことができます。

コスト削減

電子化による書類の保管スペースが不要になり、検索性の向上及び電子化作業時間が大幅に短縮されることで、コストを削減できます。
 

顧客満足度の向上

短時間で大量の文書処理が可能なため、電子化作業時間が大幅に短縮され、業務効率が向上することで、顧客満足度向上につながります。

文書の電子化を促進!

お客様のビジネスをサポートする究極の文書変換サーバー

紙文書の文字を自動認識し、ファイル検索用の文章を埋め込み、 PDF、PDF/A、XML、ワード、エクセルなどの検索かつ編集可能なファイルで出力します。電子化されたファイルの検索は網羅的かつ即時に検索可能なため、ペーパレス化を大幅に促進します。

主な特徴

信頼できる文字認識

信頼できる文字認識

受賞歴のあるABBYYのOCR技術を搭載。199言語で高速かつ高精度の結果を実現。低品質の紙文書から正確なテキストを抽出できます。

短時間で大量の文書を処理

短時間で大量の文書を処理

容易な管理、自動作業ルーチンで、ネットワーク内の複数のサーバーで動作し、大量の文書を短時間で変換できます。

エンドユーザの操作が不要

エンドユーザの操作が不要

容易な設定で、OCRと文書変換のプロセスは自動的に実行されるため、エンドユーザは操作する必要がありません。

サーバーベースのアーキテクチャー

サーバーベースのアーキテクチャー

サーバーが最も効率的な方法ですべての使用可能なハードウェアリソースを使用できるようにするメカニズム。組み込みのロードバランシングを実現します。

無制限のクライアントアクセス

無制限のクライアントアクセス

ユーザー数の制限がなく、単一のインストールを複数の業務プロセスで組織の内部と外部クライアントが使用できます。

全ての文書を検索可能

全ての文書を検索可能

書かれている全ての文字を自動認識し、文書にします。検索用の文書を埋め込むことで、検索で全ての文書を探せます。

主な機能

スケジュール処理

スケジュール処理

様々な種類の文書を指定した処理スケジュールに基づいて処理します。

 

文書の分割

文書の分割

固定のページ数、空白ページ、パッチコード、スクリプトルールにより、バッチを文書に分割できます

負荷分散

負荷分散

負荷を複数の処理ステーションに自動的に分散し、高速かつフェイルセーフな処理を保証します。

自動及び手動インデクシング

自動及び手動インデクシング

文書のタイプと属性を、インデクシングオペレータ又はスクリプトを使って文書に割り当てることができます。

バーコード認識

バーコード認識

1次元と2次元のバーコードを読み取るバーコード認識を使用して、ドキュメントを分離したり、メタデータを追加したりできます。

徹底検証、条件付き検証

徹底検証、条件付き検証

全文書検証を全てのページに、または精度のしきい値に基づいて有効にすることができます。

活用シーン

中規模の量から大量のバッチ処理向けに設計されており、企業や電子化BPOサービス事業者は、紙およびTIFF、JPEG、PDF画像文書を、全文検索と長期間のデジタルアーカイブに適した電子ファイルに変換するための、費用対効果の高いプロセスを確立できます。

文書の電子化BPOサービス

文書の電子化BPOサービス

大量のスキャン文書を短い時間内で変換します。1台のサーバーで複数のクライアントに対する同時文書変換プロセスを実行します。最先端のABBYY認識技術を使用し、複数の出力形式と190以上の言語で検索可能な文書を提供します。

銀行・保険会社

銀行・保険会社

担保アプリケーションや保険査定処理などのビジネスプロセスを全文検索オプションで強化します。特定の事案やクライアントに関するすべての文書をPDFまたはPDF/A形式でアーカイブするため、長期保存と数秒以内での検索が可能です。

法務部・弁護士事務所

法務部・弁護士事務所

案件に関するすべての文書、契約書、ファックスを検索可能なPDFにアーカイブします。メタデータとスマートファイル命名により、ファイルの分類とタグ付けを行います。関連文書と引用をすばやく検索できます。

その他

その他

書籍や大学の書庫をデジタル化することにより、リモート公共アクセスを実現できます。建築計画や図面をOCR処理することや、受け取った連絡内容をデジタル化して対応時間を迅速化することもできます。

入力・出力機能

ABBYY Recognition Serverは、スキャナ、ファイルサーバ、ファックス、電子メールサーバ、Microsoft SharePointライブラリから画像を自動的に取得し、認識サーバで光学文字認識を実行し、メタデータの追加を可能にします。結果は、ネットワークフォルダ、SharePointライブラリ、またはその他の文書管理システムに転送します。

入力

 ■ スキャニング(TWAIN、WIA、ISIS)

追加設定なしでScanning Stationを通じて提供。ネットワークスキャナ、MFPへの統合も可能です。

■ リモートフォルダの監視(FTPまたはローカルネットワーク)

LANまたはFTPサーバで定義した「ホット」フォルダの画像は自動的にインポートされて処理されます。

■ ネットワークとワーク共有/SharePointライブラリのクローリング

SharePointライブラリに新しく追加された画像ファイルは自動的に検出され、全文検索可能となります。

■ メールボックスの監視(Exchange、POP3)

電子メールサーバとの統合が組み込まれているため、ファックスで受信した画像やメールに添付された画像を受信箱から直接処理できます。

 

 

 

 

 

 

 

出力

■ 複数の出力形式

文書は、検索可能なPDF、PDF/A、XML、プレーンテキスト、Microsoft Officeファイルなどの様々な形式に変換できます。

■ ネットワークフォルダへの公開

オリジナルのフォルダ構造が出力に自動的に反映されます。出力ファイルの名前は、バーコード、文書タイプ名などを使用して構成することができます。

■ 高度なPDF作成機能

MRC圧縮、ブックマークの作成、PDF暗号化、既存のPDFファイルのテキスト活用などが拡張されました。

■ 電子メールでの送信

変換した文書を送信者に返送したり、指定した受信者リストに転送することができます。

■ SharePointへの公開

変換した文書をSharePointライブラリーに自動的にアップロードします。文書のバージョン管理がサポートされています。

■ 柔軟な文書転送の定義

文書は文書のタイプまたはメタデータに基づいてフォルダに送ることができます。送り先をスクリプトで柔軟に定義することもできます。

仕様・動作環境

システム要件

  • 1GHz以上のプロセッサを搭載したPC
  • オペレーションシステム:Windows 8/8.1、Windows Server 2012、Windows 7、Microsoft Windows Server 2008、Windows Vista
  • 2GBのRAM及び認識プロセスごとにさらに300MB
  • 2GBのハードディスクの空きスペース
  • Microsoft.NET Framework 2.0以降
  • Microsoft Outlook 2000以降(電子メール処理及び送信用)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕様

■ 入力形式

BMP、PCX、JPEG、JPEG2000、PNG、TIFF、DjVu、DCX、PDF(PDF/Aを含む)

■ OCR

日本語、英語、欧州言語、アジア言語、アラビア語、ヘブライ語、タイ語などの199言語

■ バーコード

EAN、Check、IATA、UCC、UPCを含む1Dバーコード、PDF417、AZTEC、Data Matrix、QRコードを含む2Dコード

■ 出力形式

PDF、PDF/A、RTF、DOC、DOCX、XLS、XLSX、TXT、CSV、HTML、TIFF、JPEG、JPEG2000、XML

■ インテグレーション

スクリプト、Web Service API、COM API、XMLチケット

■ コネクタ

Google Search Appliance、Microsoft SharePoint Server

データ活用が企業力を高めます。

本社

〒108-0014

東京都港区芝5-13-15
芝三田森ビル 5階

TEL:03-5419-8228

名古屋支店

〒460-0003

愛知県名古屋市中区錦1-4-16
KDX名古屋日銀前ビル 3階

TEL:052-209-6780

九州支店

〒812-0038

福岡市博多区祇園町4-2
サムティ博多祇園BLDG 8階

TEL:092-283-1777